小さくする

介護食を作るときは基本的にどの食材も小さく、なおかつ柔らかくして作る必要があります。レシピを考える際もできるだけ刻みやすい食材を使用するか、ミキサーなどを利用して細かくするのが良いでしょう。

詳しく読む

栄養素を取り入れる

介護食のレシピはその食材から摂れる栄養素を意識して作られていますが、特にお年寄りになると不足する栄養素はかなり多くなってくるので、具体的にどのような栄養素を補う必要があるのか知っておくと良いでしょう。

詳しく読む

タンパク質

介護食は柔らかいものが良いといっても、やはり、肉や魚からも栄養素を摂る必要があります。肉や魚を使ったレシピの多くはあまり濃い味付けを行なわず、できるだけ柔らかいものを使用することが多いです。

詳しく読む

野菜を使う

介護食のレシピの中で必ず入っているのが野菜です。介護食に限らず普段の食事で野菜から摂る栄養素はどれも非常に重要ですが、野菜を使用刷る際にもいくつかポイントやコツを理解して作ると喜んで食べてもらえます。

詳しく読む

レシピを知る

高齢化に伴って

日々健康に過ごしていく中で、食事は非常に大切なものとされており、特に介護が必要となるお年寄りなどの食事には気をつける必要があります。
現在日本では少子高齢化社会となっており、今後も介護を必要とするお年寄りは増え続けるとされています。
今は介護について考えなくても良い年代でも、親の介護を行わなければならない日が来るので、そのときの為にも介護食については理解しておくと良いでしょう。
もし今、自宅で身内の介護を行っているのであれば、できるだけお年寄りに適した食事を提供してあげる必要があります。
基本的には、からだの変化を理解してそれに合わせた栄養素を取り入れる必要があります。
特に加齢に伴って体内から失われていく栄養素は多くあるので、失われた栄養素を少しでも食事で体内に取り込んでいくことを頭にいれて食事を作ることが大切です。

食欲が低下

いざ介護食を作るとなっても、どのようなものを作ったら良いか分からないという人は多くいます。
特に歳を重ねていくごとに食欲は低下していくといわれており、食べたいと思うものが減っていきます。
しっかりとした食事をとらないと健康を維持することはできないので、介護食を作る際は、よりそのお年寄りのことを考えて作らなければなりません。
また、歳を取ると噛む力も低下していくので、できるだけ調理によって噛みやすくする方が良いでしょう。
特によく噛まないまま飲み込んでしまった時に器官につまってしまう可能性もあります。
食事を作る際は、レシピや使用する食品のもつ栄養素まで少しは理解しておくことが大切です。
もしレシピが分からないという場合でも、今ではネットを利用して簡単に調べることが可能です。